◎ソウルスターリング

傾向
阪神競馬場の芝外1600mで施行の3歳牝馬G1定量戦。
1939年に創設。
阪神競馬場の改修後の2007年から現在の向正面を出発地点とする外回りコースとなる。
上位4着までに優駿牝馬(オークス)への優先出走権。
過去10年から。

過去10年中5年で当日1番人気馬が馬券に絡むも、当日5番人気以下馬も13頭が馬券に絡みやや波乱傾向。

過去10年の3着以内馬の絶対条件は、前走6着以内または前走1番人気馬。

1枠2枠馬の連対は無く、7枠8枠馬の好走が多い。

G1戦連対実績馬、連勝馬や複勝率100%馬を除けば、前走重賞戦以外出走馬の3着以内無し。
キャリア7戦以上馬や2戦以下馬、前走重賞5着以下敗退馬の勝利は無い。
勝ち馬の前走はチューリップ賞が8勝、、フィリーズレビューが1勝、エルフィンSが1勝。
勝ち馬は1600m以上戦で勝利か1600mの重賞連対馬。

前走チューリップ賞組は過去10年で8勝、2着4頭、3着5頭と好成績。
チューリップ賞を4番人気以下かつ4着以下敗退かつ0.4秒以上敗退馬の連対無し。
前走チューリップ賞で1番人気で1馬身以上勝利馬はすべて桜花賞で勝利。

前走クイーンC組は過去10年勝利は無く、2着3頭3着1頭のみ。
前走クイーンC組で、0.6秒以上敗退馬の3着以内無し。
馬券に絡んだ3頭中2頭はG1の阪神JF出走経験馬、残る1頭は4着以下敗退の無いクイーンC勝利馬だった。

前走フラワーC組は過去10年で2着1頭、3着1頭。
前走フラワーC組で、敗退馬や1馬身差以下勝利馬の連対無し。
馬券に絡んだのはそこでの勝ち馬のみ。

前走アネモネS組は過去10年で3着が1頭のみ。
複勝率100%馬だった。

前走フィリーズレビュー組は過去10年で1勝、3着2頭。
前走フィリーズレビュー組では、そこで3番人気以内馬または4着以内馬が好走。
5着以下敗退馬の3着以内無し。
フィリーズレビューで0.5秒以上敗退馬の連対無し。

前走エルフィンS組は過去10年で1勝、2着1頭。
2頭とも複勝率100%馬だった。

前走阪神JFからの直行馬は2着1頭のみ。
阪神JF勝利の無敗馬だった。

前4走内に小倉戦出走のキャリア4戦以上馬、前走チューリップ賞3着以内好走馬を除き右回り芝2戦以上で未勝利馬、前走芝重賞5着以内馬を除き芝戦未連対馬、チューリップ賞1番人気馬を除き前走芝で10着以下敗退馬、キャリア10戦以上馬、前走1200m以下戦出走馬の3着以内無し。

前3走内に左回り芝2戦以上出走馬、芝G1戦3着以内の実績馬や阪神芝連対実績馬を除き前走クイーンCで斤量54kg以下で敗退馬や1馬身未満勝利馬、前走10番人気以下敗退の芝2勝以下馬、チューリップ賞1番人気馬を除き前走1秒以上敗退馬、前走中山や東京を出走の2勝以下馬、前2走内に1800m以上戦出走で未連対馬の連対無し。

減点データが無いのは、リスグラシュー、カラクレナイ、ソウルスターリング、ミスパンテールの4頭。
(③サロニカは出走取り消し)

指数による能力順位上位5頭
1位ソウルスターリング
2位アドマイヤミヤビ
3位リスグラシュー
4位カラクレナイ
5位アエロリット

消去データ
[3着以内無し]
①②④⑤⑦⑩⑪⑫⑬⑰⑱

[連対無し]
⑨⑮

推定前後半3Fタイムによる特注馬
ベルカプリ
アドマイヤミヤビ
ソウルスターリング
アエロリット

予想
◎⑭ソウルスターリング
△⑥リスグラシュー
△⑧カラクレナイ
△⑫アエロリット
△⑮アドマイヤミヤビ
△⑯ミスパンテール
✕⑨ゴールドケープ

馬単(5点)
◎⇒△
3連単F(25点)
◎⇒△⇒△✕

結果
1着無⑩レーヌミノル
2着△⑥リスグラシュー
3着◎⑭ソウルスターリング

馬単  45330円 ハズレ
3連単 94890円 ハズレ