◎ダノンプレミアム

傾向
阪神競馬場の芝1600mで施行の2歳牡馬牝馬G1馬齢戦。
1949年に創設。

2004年に出走条件が2歳牡馬・セン馬から2歳牡馬・牝馬に変更。
2014年に中山から阪神競馬場での施行に変更。
今年が阪神開催4回目。
過去10年を参考に。

当日1番人気馬は3勝2着2回3着1回、2番人気馬は2勝2着1回3着1回で堅めの決着が多い。

勝ち馬の前走は、新馬戦勝利馬が1頭、500万下戦勝利馬が5頭、重賞勝利馬が3頭、重賞4着馬が1頭。
芝1600m戦0.2秒以上勝利実績馬が6頭、芝1600m戦勝利が無ければ芝1400m以上の重賞勝利馬が2頭、前走芝1800m新馬戦0.2秒勝利馬が1頭、残る1頭はダート戦2戦2勝の2戦とも圧勝馬。

キャリアは5戦以内。
2勝馬が8頭、1勝馬が2頭。
1600m以上戦未経験馬や前走未勝利戦出走馬の勝利は無い。
⇒今年の勝ち馬該当馬は、ダノンプレミアム。

3着以内馬30頭の前走は、重賞ならそこで5着以内か前々走重賞3着以内、かつ前2走のどちらかで3着以内に好走実績、前走重賞以外なら勝利かつ連続連対か複勝率100%か重賞4着以内の実績。
30頭中17頭は重賞3着以内の実績。

キャリア1戦馬や芝戦0.4秒以上の圧勝のある馬や連対率100%馬を除き9月以降1戦以下馬、前走1秒以上勝利馬を除きダート戦出走馬、前走1200m以下戦出走馬、前走10着以下敗退馬、前走未勝利戦出走馬、前走重賞戦以外で敗退馬、前2走とも6番人気以下馬の3着以内無し。

連対率100%馬を除き前2走とも芝1400m以下戦出走で1馬身以上勝利の無い馬、前走重賞3着以内馬や複勝率100%馬を除き前3走内とも1400m以下戦出走馬の連対無し。
 
減点データが無いのは、ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの3頭。

指数による能力順位上位馬
ダノンプレミアム
タワーオブロンドン

消去データ
[3着以内無し]
②④⑥⑦⑧⑨⑬⑭⑯

[連対無し]
⑤⑩⑪⑮

推定前後半3Fタイムによる特注馬
アサクサゲンキ
タワーオブロンドン
ダノンプレミアム

予想
◎①ダノンプレミアム
〇③タワーオブロンドン
▲⑫ダノンスマッシュ
△⑩ステルヴィオ
✕⑤ケイアイノーテック
✕⑪カシアス

馬単
◎⇔〇▲△✕
3連複1軸流し
◎⇒〇▲△✕
3連単F
◎〇▲⇒◎〇▲△⇒◎〇▲△✕

結果
1着◎①ダノンプレミアム
2着△⑩ステルヴィオ
3着〇③タワーオブロンドン

馬単  840円 的中
3連複 700円 的中
3連単 2630円 的中